こどもの発達センター「つくしんぼ」に、何を求めるのか

「つくしんぼ」はこれまで市の単独事業として運営されてきましたが、 支援拡充に向け、「児童福祉法」の法内制度移行が検討されています。 法に基づくことにより、規定に縛られる側面がありますが、 ニーズに対応しきれていない現状と… 続きを読む

そもそもの「計画のつくり方」に難あり?〜「地域福祉計画」ということを、どこまで意識しているのか?〜

たとえば、今日の「国分寺市地域福祉計画 第5回子育て・子育ちいきいき計画部会」の中でも、個別の事業に対する意見が様々出ていました。 私は、本来このような議論は、単年度ごとの事務事業評価の際に行われるべきものだと考えていま… 続きを読む

ちょっと、理屈っぽい話になります〜「政策」⇒「施策」⇒「事務事業」〜

今日の19時から21時過ぎまで、「国分寺市地域福祉計画 第5回子育て・子育ちいきいき計画部会」を傍聴しました。    実は私はこれまでも、国分寺市における「計画のつくり方」について、現状の課題を指摘し、対案を提… 続きを読む

新潟市の保育事業についての視察報告(なんと、平成18年度以降、待機児ゼロを堅持!)

7月16日朝、佐渡市からジェットフォイルで新潟港まで戻り、新潟市役所で、保育施策についてのお話を伺いました。   今回初めて知ったのですが、新潟市は、幼稚園に比べて圧倒的に保育園が多いそうです。。 幼稚園41園… 続きを読む

行政だけじゃなく、熱い思いを持った市民が、このまちをつくっている

4日(金)の19時から、カフェスローで行われたトークイベント「お産でうまれるもの〜矢島床子とお産を語ろう〜」に参加しました。 国分寺で30年近く助産院でお産に携わっている矢島さんの話だけではなく、そこで出産された方の体験… 続きを読む