特別支援教育について〜周囲の理解を深める取り組みについて〜 (平成26年第4回定例会・一般質問⑤)

片畑⇒地域の学校で「通級指導」が受けられることは、、 いろいろなメリットがある一方で、課題もある。 その一つとして、「通級に通っていることを知られたくない」と思っている、子どもや保護者がいるということである。 「知られた… 続きを読む

特別支援教育について〜通級指導学級の今後の方向性について〜 (平成26年第4回定例会・一般質問④)

片畑⇒東京都は、「特別支援教育推進計画・第3次実施計画」に基づき、「特別支援教室モデル事業」を踏まえて、 今後、情緒障害等通級指導学級を順次なくし、通級指導教室にかえていく方向性を示しているが、 それに対して、この間、複… 続きを読む

既存事業に対する協働提案の課題について〜改善提案編〜 (平成26年第4回定例会・一般質問③)

片畑⇒行政と市民団体等が全く対等でない関係性の中で行われる、「事前協議」のあり方自体も問題であるが、 市が、本当に既存事業に対する協働提案を受けるつもりであるのであれば、 事業担当課と市民団体等が、対等の立場で公平に競争… 続きを読む

既存事業に対する協働提案の課題について〜バトル編〜 (平成26年第4回定例会・一般質問②)

  片畑⇒次に、協働について伺う。 国分寺市が現在行っている「提案型協働事業」は、新規事業の提案のみならず、既存事業への提案も行うことができる。 この既存事業への提案については、何が目的で、行政としては何を期待… 続きを読む

市民活動・協働について〜市の目指す方向性について〜(平成26年第4回定例会・一般質問①)

  片畑⇒質問を進めていく前提として、「市民活動」と「行政との協働」との違いを明確にしておきたい。   「行政との協働」は、あくまで、「行政として行うべきことの補完」であると、私は考えている。 本来の… 続きを読む