重度心身障がい児の放課後対策について(9月議会の一般質問⑨)

Download PDF

片畑⇒平成244月に改正された児童福祉法において、「障がい児支援の強化」が示された。

その中で、学校通学中の子どもたちに対して、
放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のためにも、訓練等を継続的に提供することにより、
学校教育と相まって、子どもの自立を促進するとともに、
放課後の居場所づくりを推進するという目的のもと、
「放課後等デイサービス」が創設された。

市内にもすでに4か所あるとのことだが、
重度心身障がいの場合には、ヘルパーのスキルはもちろん、過ごす環境にも配慮を必要とすることから、
障がい特性にしっかりと対応できる、支援の場の創設を求めたいと思うが、
この件については、ご担当としてはいかがお考えか?

 

福祉保健部長⇒この件については、まだまだ、私どもはご本人や保護者の方からご意見等を十分に伺っていない。今後、担当者、また関係する方、学校などから話をよく聞き、考えていきたい。

 

片畑⇒この件については、実は当事者の声が担当課につながっていなかったということを、あらためて認識した。

先ほどの自治基本条例に関する質疑の際、政策部長から、市民自治を進めていく上では、市政としては、サイレントマジョリティ、声なき声もしっかり受け止めていかなければならないという答弁もあった。

当事者の声をしっかりと把握していただき、必要な支援であると認識した上で、事業の構築に向けて取り組んでいただきたい。

tomoko